④うるおい重視の保湿ケア -Part2-

更新日:1月29日


前回は、洗顔方法について簡単にお話しさせていただきましたが、肌の「乾燥」や「乾燥による肌トラブル」を防ぎ改善するには、丁寧なスキンケアによって肌や毛穴の汚れ、余分な皮脂を取り除き、より肌に栄養や水分を吸収しやすい状態にし、与えられた潤いをキープできるよう、肌の健康を維持することが重要です。


■外からの「保湿」ケア


「乾燥」から肌を守るにはとにかく「保湿」は大切です。

肌にうるおいを与えるには、まず「化粧水」でしっかりと肌に水分を補いましょう。

不足した水分と栄養を補うことで、うるおいをキープし、内側からみずみずしい美肌を導けます。


「化粧水」は肌をうるおすだけではなく、次に使用する美容液や乳液、クリームなどをより浸透しやすくなるよう、肌を整えてくれます。


「化粧水」で肌に潤いを与えた後は、肌状態によって、美容液やマスクなどのシミ・小じわなど、気になる肌の悩みに応じたスペシャルケアをし、仕上げに乳液やクリームなどで、潤いをしっかりとじ込めキープしましょう。


スキンケアアイテムの使う順番>

化粧水→美容液→マスク(パック)→乳液→クリーム


※上記は化粧水・クリーム以外を使用した場合の一般的な順番です。私の場合は、基本朝は化粧水→マスク→クリーム、夜は化粧水→マスク→美容液→クリームにしています。



<化粧水を選ぶポイント>


「化粧水」といっても多種多様あって、どれを選んでいいか迷いますよね。

特に「乾燥」するこの時期には低刺激で、ヒアルロン酸やグリセリンなどの「保湿」成分が配合されている高保水力の「化粧水」がおすすめです。


しかし、外からのうるおいを摂り込み、キープするのはもちろん大事なのですが、バリア機能の低下や加齢などから、肌内部の「コラーゲン」「エラスチン」などの肌の弾力やうるおいを保つための成分は失われがちです。

そうすると、外からのうるおいや栄養成分の補給だけでは間に合いません。そこで、細胞の再生や修復を促し、肌本来の機能を向上させ、肌内部からハリと弾力のある肌に導いてくれる高機能成分が配合されている「化粧水」が美肌へとサポートしてくれます。

外からもうるおし、自ら「コラーゲン」「エラスチン」を作り出し、肌内部からもうるおいのある肌にしてくれる。そんな化粧水がいいですよね。


そこで、私がおすすめするのは「ARESステムCローション」。

詳しいお話しは次回させていただきますね。次回もお楽しみに♡




閲覧数:34回

最新記事

すべて表示